政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


高効率で環境に優しい新四輪車工場

ホンダのタイにおける四輪車の生産販売合弁会社であるホンダオートモービルカンパニー・リミテッド(HATC、本社・タイ・アユタヤ、中西学社長)は、現地時間2016年5月12日14時00分(日本時間:16時00分)に、プラチンブリ県・ロジャーナ工業団地内に設立した新四輪車工場のオープニングセレモニーを実施した。
式典には、副首相であるソムキット・チャトゥシピタック氏をはじめとするタイ政府関係者や、佐渡島志郎駐タイ大使、同社八郷隆弘代表取締役社長・社長執行役員らが出席した。
新プラチンブリ工場には、「人の作業と先進技術を最適化し、品質の高い製品を市場に提供する」というコンセプトに基づき、ホンダの最新、高効率の生産技術が採用されている。四輪完成車の量産では世界初となる、完成車組立のメインラインに組み込まれる流動型のセル生産方式ライン「ARC(アーク)ライン」などが含まれ、日本の寄居工場に導入された革新的で環境に優しい生産技術も受け継がれている。
プラチンブリ工場は、昨年の10月に樹脂工場、今年2月にエンジン工場の稼働を開始させ、今年3月から新型「CIVIC(シビック)」の量産を開始した。今後も小型車を中心に生産モデルを増やし、タイの国内市場ならびに輸出における重要拠点として競争力を強化していく予定。

【プラチンブリ工場概要】
所在地: タイ プラチンブリ県 ロジャーナ工業団地内
敷地面積: 約21.4万平方メートル
投資: 約171億5,000万バーツ
生産能力: 12万台/年(完成車生産能力)
従業員数: 約1,400名(2016年5月12日現在)

新ブラチンブリ工場

新ブラチンブリ工場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">