政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


来たる平成28年9月6日(火)東京、9月9日(金)名古屋の2ヶ所で、弊紙主催(株式会社経済産業新報社)による「セキュリティビジョン 2016 東京・名古屋ロードショー」 ~セキュリティ立国イスラエルから学ぶ最先端サイバーセキュリティ対策~を開催する。

世界のサイバー攻撃は拡大・進化を続け、IoT(モノのインターネット)の普及や、マイナンバーの導入、 2020年のオリンピック・パラリンピックに向けたICT環境の変化により、わが国企業・組織のサイバーセキュリティへのリスクは、加速度的に高まってきている。

今回のフォーラムでは、イスラエルが有する世界最高峰のサイバー攻撃対応、研究開発、最先端テクノロジーやソリューションを紹介しようと、イスラエル経済貿易ミッションの特別協力を得て、テーマを「~セキュリティ立国イスラエルに学ぶ最先端サイバーセキュリティ対策~」とした。 今後さらに巧妙化・高度化する脅威に対する効果的な対策について、同国およびわが国の情報セキュリティの専門家を交えて議論する。

当日の特別講演には、今年5月から経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官に就いた伊東寛氏やイスラエルのサイバースパークCEOのロニ・ザハビ氏が登壇、パネルディスカッション では「今、求められるサイバーセキュリティ対策」として両氏もパネラーとして議論するところが見所だ。

また、名古屋では「自動車のサイバーセキュリティ ~現状・課題・動向~」をテーマに盛り込み、名古屋大学 大学院情報科学研究科附属組込みシステム研究センター センター長・教授の高田広章氏が特別講演を行い、イスラエルからは「サイバースパークが提供する車のクラッキング&認証サービス」などが披露される。

9月6日は東京・アキバプラザ「アキバホール」で12時から、9月9日の名古屋は、名古屋デザインホールで13時からとなっている。

経済産業省、 サイバーセキュリティ戦略本部、IPA( 独立行政法人 情報処理推進機構)はじめ、16団体から後援を頂いており、参加費は無料(事前登録制)。すでに東京は定員に達したため、募集を終了している。

お問い合わせは、Security Vision 2016 実行委員会 IT Forum & Roundtable事務局(企画・運営=株式会社ジェイスピン)まで。e-mail:info@itforum-roundtable.com
http://www.itforum-roundtable.com/information/20160617-01.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">