政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


第61回右脳インタビュー
内田・鮫島法律事務所パートナー弁護士・弁理士 鮫島正洋さん

「技術のコモディティ化と特許〜知財戦略なき日本企業の勝ち目は?」

日本のものづくりベンチャーは知財の面から見て成功するのは非常に難しい』と語る鮫島さんは「下町ロケット」の神谷弁護士のモデルだ。今の特許制度は大企業しか使いこなせないため、様々な変化が世界でも起きつつあるという。

1963年兵庫県生まれ。東京工業大学金属工学科卒業後、藤倉電線株式会社(現・株式会社フジクラ)入社。1991年弁理士試験合格。1992年日本アイ・ビー・エム株式会社入社。1996年司法試験合格。大場・尾崎法律事務所、松尾綜合法律事務所(現・弁護士法人松尾綜合法律事務所)を経て2004年内田・鮫島法律事務所開設、パートナー就任。東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科講師。地域中小企業知的財産戦略プロジェクト(特許庁)統括委員長。2012年知財功労賞受賞。直木賞受賞作品『下町ロケット』(池井戸潤著)の神谷弁護士のモデル。

主な著書
『新・特許戦略ハンドブック』(商事法務)2006年
『知財戦略のススメコモディティ化する時代に競争優位を築く』鮫島正洋、小林誠共著2016年