政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


簗田 稔

簗田 稔

Embedded Technology 2016・IoT Technology 2016開催にあたり
一般社団法人組込みシステム技術協会
会長 簗田 稔

Embedded Technology2016、並びにIoT Technology2016の開催にあたりご挨拶申し上げます。

先ずは、本展示会がご出展企業、ご後援ご協賛いただいた関連機関をはじめ、関係各位のご支援により、盛大かつ盛況に開催できますことを御礼申し上げます。

第4次産業革命の核と言える「IoT」、「クラウド」、「ビックデータ」、「ロボティクス」、「AI/人工知能」と、技術革新は止まることもなく益々進化し続けていますが、本展示会はIoT社会の実現に必要不可欠な「組込み技術」と「つながる技術」の基幹技術を網羅した「ET・IoT総合技術展」として開催するものであり、新たなビジネスを創造する唯一のイベントとなるものと確信しております。

今回は、ET開催30回となる記念回でもあります。

センサ技術やデータ活用、IoTセキュリティ等の企画パビリオンやJASA会員による特設パビリオンの新設もあり、新たに80社を超える新規出展企業も加わり、昨年を上回る、380社・団体、813小間(11/7現在)の展示規模により、会期3日間で27,000名の来場者を見込んでおります。

一方、カンファレンスも、30回記念にふさわしく、ET・IoT技術双方に関連する視点からテーマを厳選し、著名な方々よりご講演いただきます。また、テクニカルやテーマごとのセミナー等、151に上るセッションにより構成され、最新の技術とビジネス情報を発信することにしております。

また、本展では、組込み技術並びにIoT技術の高度化と業界の発展、競争力向上に寄与する、優れた製品・技術・ソリューションを顕彰する「ET・IoTアワード」を設けております。特に今回は主催者選考によるJASA特別賞を設けました。

当協会で国際標準化を進めているOpenELを使用したロボットの展示も行っております。是非会場でご覧いただき触れてみてください。

最後に、本ET・IoT Technology展が、ご参加の皆様にとって、多くの情報と価値ある出会いを通して大きな成果があげられますことを祈念しております。