政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


一般社団法人日本建設機械工業会(会長・竹内  キャタピラージャパン社長)が2月末に発表した需要予測によると、2012年度の出荷金額は、前年比3%減の2兆0,139億円、3年振りに減少となるが2年連続で2兆円の出荷額は確保した。
 2013年度は、引き続き国内は復興需要、輸出は好調な北米を中心にアジア、中国が徐々に回復していくと予想され、同7%増の2兆1,645億円、補修部品を加えると、ピークであった2007年に次ぐ、過去2番目の出荷額となると予想した。
 国内出荷は、震災復興に起因するリース・レンタル向け等の需要が見込まれ、また除雪需要も好調であったことから、6,821億円(前年同期比21%増)と3年連続で増加すると見込んでいる。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">