政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


増大するサイバー攻撃の脅威
IPA(独立行政法人情報処理推進機構、藤江一正理事長)は、近年の情報シス テムを取り巻く脅威を「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」にまとめ、IPAのウェブサイトに公開した。
 この報告は毎年行われており、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの知見を集め、近年の脅威を解説したもの。
 2012年は、政府機関や宇宙航空産業へのサイバー攻撃、遠隔操作ウイルス事件などの様々なセキュリティ事故や事件が、社会へ大きなインパクトを与えた。また、金銭窃取が目的のフィッシング詐欺、スマートデバイスを狙った攻撃の横行など、個人にも看過できない脅威が迫っている。IPAでは、企業・組織や個人ユーザーは「自身に関連する対策を講じることが重要」としている。
 ■10大脅威執筆者会が選んだ 2013年版 10大脅威
  1位 「クライアントソフトの脆弱性を突いた攻撃」
  2位 「標的型諜報攻撃の脅威」
  3位 「スマートデバイスを狙った悪意あるアプリの横行」
  4位 「ウイルスを使った遠隔操作」・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">