政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


アマゾンジャパンがこのほど「和書」出版社別年間売上高ランキングを発表した。1位は講談社、2位は角川グループパブリッシング、3位は集英社、4位は小学館、5位にエンターブレインが入った。
 アマゾンはネット通販の売上高が昨年7800億円に達したと報じられた。出版ニュース社の清田義昭編集長によると、「そのうち出版では1900億円を占め、書籍販売では紀伊国屋を大きく引き離し、最大規模に達している。大手の講談社、小学館の売上の約20%となり、本の販売はアマゾン頼りの傾向がより強まってきている」。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">