政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


共同通信PRワイヤー】パテントプールライセンス管理会社のアルダージ(株)(中村嘉秀社長)は、3月28日日までに、日本民間放送連盟加盟127社の各社、日本放送協会(NHK)及び放送大学学園の、地上デジタルテレビジョン放送局との間で、かねてより交渉中であった地上デジタル放送関連特許に関しライセンス契約を締結した。
 このたび成立した放送局とのライセンス契約は、放送局が技術の使用に対し直接に応分の負担をして開発者である特許権者に報いるという点では極めて画期的だ。
 同社は、デジタル放送関連の特許を一カ所に集め、一括してライセンスし、デジタルテレビジョン放送システムの普及促進を目的として2006年7月に設立され、現在、14社が所有する、およそ500件の特許をプールしている。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">