政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


ーメンタルヘルス最新事情ー乗浜 誠二著(カナリア書房刊)
英国の経済学者によると、うつ(鬱)と慢性的な不安による経済損失はGDP(国内総生産)の約1%と試算されている。日本に当てはめれば、年間約5兆円の経済損失が発生していることになる。
 筆者の本業は、システムコンサルティング、業務系システムの導入支援などを行うIT企業の経営者。しかし、そのシステム業界では「うつ病」の発症率が約15%ときわめて高い。
 自社での経験を踏まえ、この「うつ病」を何とか解決しないと、会社経営に大きな損失だと考え、計量心理学に出会い、ストレス分析による「うつ度数」が計れるシステムを開発(メンタルコンデションチェッカー)、人事部向けにセミナーを開くうちに、「うつ病」の現状専門家になってしまった。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">