政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


インターネット選挙運動解禁法案が成立、夏の参院選からスタート

インターネットを使った選挙運動を夏の参院選から解禁する公職選挙法の改正案、いわゆる「インターネット選挙運動解禁法案」が4月19日、参院本会議で可決、成立した。
 同法案はこれまで禁じられていた選挙期間中のネットを利用した選挙運動を全面的に解禁することなどを柱とするもので、自民党、公明党、日本維新の会の3党が共同提出し、各党間の修正協議を経て成立した。
 同法案の成立により、政党や候補者に加え一般有権者もホームページやフェイスブック、ツイッターなどを使った選挙運動が可能となす。電子メールの利用については、誹謗中傷やなりすましなどに悪用されやすいことから政党等と候補者に限定されることとなった。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">