政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


超モノづくりカンファレンス『製造業革命“メイカームーメント”~3Dがモノづくりを変える~』(主催・日刊工業新聞、モノづくり日本会議)が開催された。

3D革命の伝道師、マサチューセッツ工科大ビット・アンド・アトムズセンター所長のニール・ガーシェンフェルド氏が講演した。
彼は『Fab(ファブ)ラボ』のグローバルネットワークの創始者。世界的なものづくりとテクノロジーの発展に寄与している。オバマ大統領は今年の一般教書演説で、3Dプリンターに言及、「ほとんどすべてのもののつくり方を革命的に変える」救世主として、米国製造業の再活性化に取り組むとしている。
 ガ氏は、「いままでの個人が「つくる人」「使う人」に2分されていたが、3D技術の進歩により、ほぼあらゆるものをつくる方法を個人が手に入れることのできる時代に入った」として、3Dを備えた工房による実践活動を世界規模で展開している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">