政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


シンガポール航空、史上最大規模の発注

シンガポール航空(CEO・ゴー・チュン・ポン)は欧州エアバスからA350-900をさらに30機、米ボーイングからボーイング787-10Xを30機、合計170億米ドル相当の航空機を購入することで合意した。
 エアバスは、確定発注のA350-900、30機が2016年-17年会計年度から引渡され、さらに20機がオプションで発注される。ボーイングとは、確定発注のB787-10X 30機が2018年-19年会計年度からの引渡しとなる。
 ゴー・チュン・ポンCEOは「今回のシンガポール航空史上最大の航空機発注は、シンガポール航空の業界における主導的地位が確固たるものとなる」と述べた。この新たな発注により、シンガポール航空のエアバスとボーイングとの間で合意に至った航空機の発注数は、合計126機となる。
 シンガポール航空は、世界各国にて数々の名誉あるアワードを受賞し、世界39カ国105都市を結ぶ充実したネットワークを有しており、日本には東京、大阪、名古屋、福岡の4都市に就航している。「スターアライアンス」加盟。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">