政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか? 髙 愁陽

日本人の過去の経験知の深さと広さを、未来に向かってサステイナブルにするために、新しい時代を築く「知の融合」をどう図るのか?6人の知者が集まって意見を出し合い、深く広い経験を今の若者に伝承するにはどうしたら良いかを話し合ってきた。
 これまで行ってきた知の結集では時代を変えるイノベーションは起きないかもしれない。6ヶ月の葛藤と知の交流の結果、「知を融合」させることが、最適解になるという結論に達した。
 それは、個を主張するのではなく、個を融合して新たな知を生み出す。したがって、著者の名前も融合し、6人の陽が沈む愁いをまた陽が高く昇ることに意識を馳せ「高 愁陽」という融合人の融合名を使用することになった。
目的は、不可思議な6から人生を垣間見る!こと。「生きる」力!を、「生きる力のロゴ」にあるように、6つの視点から説き起こす。

人の多様性に着目して、特に6の多様な意味から展開し、夢を見、さらに夢を追い掛け、最終的に夢を実現する「心のルート」を探る。
若者たちは先行きを不安に思っている。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">