政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


CiNETが第3回シンポジウム

脳情報通信はここまできた
 今年3月、大阪大学吹田キャンパス内に開設された、脳情報通信融合研究センター(CiNET、柳田敏雄センター長)主催の第3回脳通信融合研究シンポジウム~脳科学で拓く次世代情報通信~が、6月10日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われた。
 大阪大学と情報通信研究機構(NICT)、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が連携したCiNETでは、産官学によるユニークな融合研究が行われている。当日は、ニューヨークと東京のねずみの脳を同期させた東大大学院薬学系の池谷裕二准教授や、・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">