政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


5年後の営業利益400億円を目標に
シチズングループ、新たな戦略へ

シチズングループは、このほど恒例の記者懇親会を東京・経団連会館で開いた。挨拶に立ったシチズンホールディングスの戸倉敏夫社長は「今年4月から、2030年度を最終年度とする中期経営計画『シチズングローバルプラン2018』をスタートさせた。テーマは真のグローバル企業を目指して。スピードと活力の溢れる企業グループにしていく」と力強く語った。
 そして、世界で勝ち抜くためには、2018年度の営業利益目標を今の2倍の400億円、ROA(総資産利益率)6%を目指すと打ち上げた。時計事業で培われた強みを生かせる領域にフォーカスし、第1に「CITIZENブランド」事業の強化。そして、カテゴリートップクラスのグローバル競争力を持つ事業の集合体を目指す。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">