政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


総額7億円、上限350万円

経済産業省は2030年の住宅のネット・ゼロ・エネルギーを目指している。その施策の1つとして、高断熱性能、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間1次エネルギー消費量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅(ZEH)を導入する建築主、所有者に補助金を交付する事業の公募(第2次)を開始した。
 正式名称は「平成25年度 住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金(ネット・エネルギー・ハウス支援事業)。
 この公募は一般社団法人環境共創イニシアティブ(SII)が全て受託し行うもので、公募期間は7月30日(火)から8月13日(火)までの約2週間。公募総額は約7億円。補助率と補助金額は、補助対象費用の2分の1以内、上限は350万円となっている。
 公募の要領は、SIIのホームページにアクセスし、事前エントリー制による先着順の受付となる。そこからエントリー番号をもらい、様式1「補助事業申請書」及び添付書類を締切期限内に所定の宛先に郵送(私書箱必着)することになる。公募の決定は10月上旬が予定されている。
・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">