政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


超高速開発コミュニティが13社で発足

システム開発を抜本的に改革しようと、ソフトウェア開発の自動化ツールを提供している13社が発起人となり、8月6日、「超高速開発コミュニティ(略称xRAD)」が設立された。会長には元NECソフト社長の関隆明氏(ICT経営パートナーズ代表)が就いた。
 コンピュータのハードやネットワークの進歩はめざましいが、コンピュータがコンピュータで動くシステムを効率的に作るという当たり前のことが出来ておらず、ソフトウェアの開発生産性の低さが目立ってきている。
 超高速開発の定義をxRADでは「一応、従来に比べ3~10倍早く開発できるレベル」を目指すという。関会長は「狙いは企業のスピード経営の実現と魅力あふれるIT業界への変革」を掲げている。今後、ユーザー企業200社にこのコミュニティへの参加を促し、「超高速開発」を普及させていく考え。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">