政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


旧大連航路上屋」のオープンと、「九州鉄道記念館」のリニューアル

北九州市の「門司港レトロ地区」では、平成24年は193万人の観光客でにぎわった。市制50周年に当たる今年は、さらなるにぎわいを創出すべく新たな観光スポットが次々に誕生している。

<「旧大連航路上屋」のオープン>
 昭和4年に国際旅客船ターミナルとして建造され、当時は中国や欧州航路の発着所とし
てにぎわった「旧大連航路上屋」が保存修復工事を経て、新たな休憩・展望施設として7月19日に開館した。
<「九州鉄道記念館」のリニューアル> 
 明治時代に建築された赤煉瓦づくりの建物の内外に、明治時代に九州で製作された木造客車、C59型・9600型などの懐かしい車両を展示している「九州鉄道記念館」が8月9日に10周年を迎え、大規模にリニューアルした。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">