政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


国際社会が注視する放射能汚染水の海洋リーク

放射能汚染水の海洋リーク問題が海外メディアでは連日、トップ扱いのニュースになっている。これほど高濃度の放射能汚染水が大量に海に流れ出していることで、国際社会に対する信頼を大きく損ねている。
 4面のE・べネッシュさんが述べている通り、「企業が金融システムの発達により、巨大化したが、大きな損害を社会に押しつけ倒産し、終わりとなる。そして、そのツケは納税者が負担しなければならなくなる」。もはや国の制御が不能なくらいリスクが巨大化しているのだ。
 また福島原発の事故を全ての責任を民間企業に押し付けている国も問われてくる。外国のジャーナリストと話していると、「あれだけの原発事故を1企業で処理できるわけがない。今後100年日本の総力を上げて取り組まなければいけない時、なぜ、福島原発を国有処理にしないのか?」と聞かれる。
 あのチェルノブイリ原発でさえいまだ処理が終わっていないのに、メルトダウンして格納容器を溶かした核燃料棒の処理には費用と技術をどれだけつぎ込めばできるのか皆目検討がつかない。・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">