政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


旅行市場における消費者の志向変化
矢野経済研究所調べ

旅行市場は回復傾向にあるものの、中長期的にみると国内旅行は低迷傾向での推移を続けている。また、海外旅行者数についても、2000年に過去最高を記録して以降は外的環境などに左右され、伸び悩む傾向が続いている。
 なかでも、深刻な影響を及ぼしているのは若者の旅行離れだ。海外旅行者の年齢階層別の構成比率を見ると、60歳以上が堅調に増加している一方、20代の比率は低下している。特に、かつての海外旅行ブームを牽引した20代女性が大きく落ち込んでいる。
 若者の旅行離れが進む一方、拡大が期待されるのがシニア層の旅行需要だ。旅行会社各社ともシニア層・団塊世代向けの商品拡充に注力、・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">