政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


「知のオリンピック」めざす共有の場

日本イノベーション融合学会(FISJ)の創設案が固まりつつある。わが国は産構審から「企業戦略・産業構造」、「就業構造」の行き詰まりを指摘されている。これを打破するため、オール・ジャパンによる「イノベーション起こし」が期待されているが、日本のイノベーションの研究・教育は立ち遅れている。
 そこで、次世代のイノベーターの育成を目的に、「知のオリンピック」提唱者である青山大学石川昭名誉教授の参画を得て、知の共有と研鑽の場として、多様な知を結集する融合学会の創設案が固まってきた。イノベーションを起こす知の結集の仕組みが見え始め、多様なイノベーティブ人財が集まりつつある。本紙はこの国民的な動きを今後とも追って行きたい。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">