政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


【ロンドン2013年10月15日PRN=共同JBN】
 International M2M Councilはビジネスを立証して企業の成長を促進する
 世界中でマシン・ツー・マシン(M2M)技術の普及を訴える業界団体International M2M Council(IMC)に、AT&Tが参加した。
 M2M業界の主要ソリューションプロバイダー企業のグループが今年5月に結成したIMC(本部ロンドン)は、AT&T Business SolutionsがIMCの維持会員になったと発表した。
 M2Mは時として「インターネット・オブ・シングス」と呼ばれるが、コンピューターやセンサーなどの高機能機器が自動的にデータを交換し、離れた場所の機械のデータを収集、
監視、管理する仕組み。IMCが取り組むこの新しい有望な接続の仕組みは、自動車通信や
遠隔医療診断、ホームセキュリティー、スマートグリッド、資産運用、モバイルサプライ
チェーンなど幅広い分野で利用される。
 接続機器が1500万台を超えるネットワークを抱えるAT&T・・・>申し訳ありませんが、この続きは本誌でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">