政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


~学生・教職員14000 名の大規模メールシステム更新~

サイバーソリューションズ(株)(秋田健太郎代表取締役社長)は、国立大学法人東京工業大学(三島良直学長)に統合型メールサーバシステム「CyberMail」(サイバーメール)を導入した。
東京工業大学が昨年度まで稼動させていたメールシステムは、学生と教職員合わせて14,000 人が利用しており、システムが全学に浸透するとともに送受信のメール件数も膨大になり、レスポンスへの影響が出てきた。
新システムは2012 年8 月からシステム構築し、1 カ月間のテストを経て、システムを停止することなく円滑に移行を実現し、2012年11 月からサービスインしている。全ユーザのデータ移行はわずか3日間で完了。現在は7.5GB/アカウントで運用している。
「CyberMail」の導入後の状況について、メールシステムの構築・運用を担当する同大の学術国際情報センターは、「快適なレスポンスで安定的に稼働しており、またweb メールのユーザインタフェースもわかりやすく、メールに関する問い合わせがほとんどなくなった」、「管理機能の操作性が格段に向上した」など、大きな効果として評価している。
サイバーソリューションズは、電子メールソリューションの分野においては、国内で約9,600社以上の企業で利用されている高性能Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」などを提供している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">