政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


鈴木英夫

通商政策局
局長 鈴木英夫

通商政策局 局長 鈴木英夫

世界の成長市場を取り込み「強い日本経済」をつくる

平成26年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。
安倍政権の下、経済成長は「マイナス」から「プラス」へと転換しましたが、エネルギー問題等抱える日本の貿易収支は赤字に転落して以来拡大しております。停滞から再生へ、そしてより豊かな生活水準を達成していくためには、貿易収支を黒字化し、経常収支及び所得収支の黒字を拡大させていくことが重要です。民間企業がリスクを取って海外展開を推進し、成長市場を獲得するためには官民一体の取組が不可欠です。本年の通商政策では、まず、アジア太平洋地域において21世紀型のルール作りを目指すTPPをはじめ、日EU・EPA、RCEP、日中韓FTAといった経済連携の合意に向けて努力してまいります。そして、国・地域の事情を踏まえ戦略的に企業の海外展開を支援する新興国戦略を推進してまいります。経済産業省として国益を追求し、海外市場獲得や経済成長を実現すべく全力で取り組んでまいります。
最後に本年の皆様の御多幸と御健勝を祈念致しまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">