政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


年間20万台、アジア戦略車を開発・生産ピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター 第二工場

Hondaのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(HPM)は、15日、新四輪車工場である第二工場(従業員7500名)の稼働を開始した。記念式典には、インドネシアの工業省高官を来賓として招き、Hondaからは伊東 孝紳代表取締役社長執行役員らが出席した。

??第二工場の年間生産能力は12万台。年間生産能力8万台の既存工場と合わせたHPMの年間生産能力は20万台となる。この工場では、小型車「ブリオ」をベースとして主にインドネシア市場向けに開発した、マルチパーパスビークル(多目的車)の新型車「ホンダ モビリオ」の生産を始める。
今後は、ブリオなど既存工場で生産しているモデルの生産移管も予定しており、同社では「お客様の需要に合わせて両工場でフレキシブルに生産を行うことで、良いものを、早く、安く、低炭素でお届けする」としている。

このモビリオは、タイとインドネシアの研究所が共同で開発したアジア市場向けモデル。1.5L i-VTECエンジンを搭載し、多人数乗車時でもパワフルな走行性能を発揮し、室内空間の広いモデルとなる。インドネシアにおける部品調達率を86%まで高め、日本円で136・4万円~169・3万円を実現した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">