政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


シーメンスの補聴器
パワーとコストパフォーマンスを備えた補聴器

シーメンス ヒヤリング インスツルメンツ㈱(シーメンス補聴器、本社・神奈川県相模原市、ベルント・ウェーバー代表取締役社長)は、同社の最新テクノロジーを搭載した補聴器Orion/Sirion/Nitro micon/Motion 3miを、2月1日(土)より、全国のシーメンス補聴器取り扱い店で発売する。

今回発売された新器種は、同社が2013年2月に発表したマイコンテクノロジー搭載補聴器と同世代の製品。マイコンは聞き取りやすさと聴き心地の良さの両立を実現した補聴テクノロジーで、マーケットで大変好評を博しているが、発売当初は片耳32~48万円台と高価格であった。
今回、幅広いタイプの製品が追加発売され、価格帯も耳かけ型で10万円~、耳あな型で12万円~と幅広いラインナップが揃った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">