政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構は、日本の生活支援ロボットが世界初の国際安全規格(ISO13482)認証を取得した、と発表した。
経済産業省が実施していた「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果をもとに、(一財)日本品質保証機構は、離床支援のためのロボット介護機器「リショーネ?」(パナソニック)及び配送センター内高速ビークル管理システム「エリア管理システム」(ダイフク)に対し、世界で初めて生活支援ロボットの国際安全性規格ISO13482に基づく認証を行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">