政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


本紙賞のガラス工芸「楽しいまどい」

本紙賞のガラス工芸「楽しいまどい」

第30回ニュークリエイティブ展(主催・現代手工芸作家協会=矢野弾会長、後援・東京都)が2月23日から6日間、東京・上野の東京都美術館で開催された。
彫刻ガラス工芸、粘土工芸、トールペイント、デンマークラグメーキング、パンフラワー、和紙ちぎり絵、原色ドライフラワー、革の花工芸、押し花などの手工芸206点の中から、三田村有純審査委員長(東京芸大教授)が厳正な審査の結果、東京都知事賞に伊藤正子さんの創作人形「病院の待合室」が選ばれた。また、経済産業新報社賞には桐原睦子さんのガラス工芸「楽しいまどい」が選ばれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">