政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


オープン&クローズ

小川紘一 著
(翔泳社刊)

オープン&クローズ戦略~日本企業再興の条件

「ものづくり」や「匠の技」だけでは、もはや勝てない。市場撤退を繰り返し、長らく停滞してきた日本の製造業をはじめとする産業の再生はあるのか?

アップル、サムスン、インテル、クアルコム。これら企業は利益を生み出すコア領域をクローズにする一方で市場の境界にオープン領域を設定し、多くの企業を巻き込みビジネスのエコシステムを実現している。
筆者は、東京大学政策ビジョン研究センター・シニア・リサーチャー。冷徹な視点で長らくわが国のものづくりを調査・実証・研究してきた。
本書は欧米企業ガ生み出した周到な知財マネジメントとビジネスモデルの構造を分析し、日本企業の本質的な課題を克服し、再び活力を与え、再成長のための戦略を提起する。
産学連携推進機構の妹尾理事長も「重厚な実証と洞察。この金字塔的労作は次世代ビジネスの共通語だ」と絶賛している。 (定価:本体2200円+税)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">