政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


リアルタイム防災情報のオープンデータ活用を促進

先端IT活用推進コンソーシアム(AITC、鶴保征城会長・元IPAソフトウェア・エンジニアリング・センター所長、)は、気象庁から提供されている気象警報、地震・津波情報等の気象庁XMLの幅広い活用を目的として、クラウド上で同情報を取得し利用を容易にする3種類のAPIを開発し、公開した。
利用できるデータは、2012年12月より気象庁が試行的にインターネット配信している「気象庁防災情報XMLフォーマット形式電文」の内容。これにより、公共性・利便性の高い防災情報データに、いつでも「最新のデータの参照」、「過去のデータの検索」ができ、「簡単にアプリから呼び出せる」ようになった。これまで、気象庁からインターネット配信される防災情報の活用には、受信側でサーバーを構築する必要があった。
この公開APIは、AITCのクラウド・テクノロジー活用部会で開発したもの。気象庁から提供される様々な種類の大量なデータを保存する蓄積サーバーと用途に応じて柔軟に選択できるよう複数のAPIで構成されている。今回提供される公開APIの仕様は以下から入手できる。

蓄積データ参照&REST API ( http://clk.nxlk.jp/rrRO121p )
SPARQL クエリ発行 ( http://clk.nxlk.jp/DNt9TMXL )
WebSockeによる配信 (http://clk.nxlk.jp/Yu5dkEIL )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">