政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


ボーダフォンを採用、グローバルSIMチップを搭載

車載ネットとモバイルがコラボする

車載ネットとモバイルがコラボする

ボーダフォンは12日、ヨーロッパにおいてVW(フォルクスワーゲン)およびアウディと、新たな契約を締結し、2015年以降のアウディの新モデルに対して、車両コネクティビティの提供を開始する、と発表した。
車載向けに特別開発された組込み型「SIMチップ」は、今後登場するアウディの新型車に搭載される。グローバルSIMは、将来的に自動車へ広く搭載され、ボーダフォンネットワークとグローバルM2M(マシンツーマシン)サービスプラットフォームを活用して、運転中の顧客に対して、高速インターネットへのアクセスが提供できる。
主なサービスは、EUで展開予定の「eCall」(事故を起こした時に自動的に遭難信号を送信する緊急通報システム)やオンライン情報サービス、音楽およびビデオ、インターネットを利用した4Gインフォテイメントサービス。これらをすべて運転しながらアクセスできるようになる。
2013年、アウディS3は4G対応インフォテイメントシステムを統合するアウディの最初のモデルとして市場に投入された。現在のアウディコネクトのポートフォリオは、WLANホットスポットならびに車載ナビゲーション、コミュニケーションおよびインフォテイメントサービスによって構成されている。
ボーダフォンのM2M事業部門チーフエグゼクティブ、エリック・ブレンナイスは次のように述べている。「この契約により、M2M通信の主要市場の1つである自動車部門における私たちの位置づけは、さらに強化される。車載ネットワーク化を実現した自動車は、私たちの効率的なモバイル通信ネットワークを活用することで、ヨーロッパの国境を越えてさらに普及するだろう」。
世界最大のモバイル通信会社、ボーダフォンはM2M通信の分野での世界的リーダー。M2M通信サービスプロバイダーのランキングで、ボーダフォンは3年連続で1位を獲得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">