政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


明日に向かって不可思議な知の力を終結できるか?

「6」の融合人 高 愁陽

個の話:第四話④「生命システムとは何か?」   
人間の不可思議な能力「オートポイエシス」・・
「この指止まれ!」

株式会社ミスミ(三枝 匡 会長)は、「この指止まれ!」気骨の人材に呼びかけている。毎年新たにプロジェクト組織を作るFA・金型用部品の専門商社である。
「新事業への投資を決めるときに重要な要素、それは1に「人」、2に「人」、3に「人」、4番目にようやく「市場の成長性」がくると私は思っている。商社であるミスミは、人の有能さによって事業の成否が決まってくる。優秀な人材は、会社のバランスシートには記載されていないものの、まさに最重要の「見えざる資産」であり、企業そのものだと言っても過言ではない。
私は、「高い志」を持ち、自らリスクをとって自分の人生を切り拓きたいと考えている「気骨の人材」に、経営者として育っていく場を提供したい。そのためには、「熱き心」に「戦略性」を加えることがカギになる。
私は呼びかける。「この指とまれ」と。男性ばかりでなく、他に活躍の場を見つけることのできない有能な女性にも来て欲しい。・・・・・ミスミは、いつの日か経営者になりたいと考えているあなたに、またとない可能性を提供する。」
(出典:ミスミホームページ「トップメッセージ」より)
環境の激変する時代、特に従来の日本型の経営システムに課題が生じてきた今、3つの選択肢が考えられる。
一つは、従来型の改善を推し進める。二つ目は、全く新しくあらゆる場面でイノベーションを起こす。三番目が、ハイブリッド型の従来と明日の経営システムの融合を図る。どちらにしろ、その企業の業界、市場、顧客のニーズとウオンツに合わせた最適な選択をすればよい。選択に躊躇はいらない。
ミスミのケースは、個人の能力に任せる経営の事例である。日本民族のDNAに基づく伝統と内から湧き出るエネルギーを集結させる「オートポイエシス」の生命システムの成果であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">