政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


国際会議の都ウィーン:2013年度は史上最高の会議開催数を記録

ウィーンにおける国際会議開催件数が史上最高に達した。3000以上の会議やコンベンション、企業イベントなどが開催され、50万人以上の人々がウィーンを訪れたのは史上最高の記録だ。
2013年度、ウィーンでは50万1337人(前年比1%増)が3389の会議やコンベンション、企業イベントに参加した。これは、前年度の会議数を13上回るものです。他方、これらの会議やコンベンションによる総宿泊数140万1888泊は、8%減少であった。ウィーンにおける会議運営部門が全国規模で生み出す実績は8億3217万ユーロで、オーストリアの国民総生産に大きく寄与し、年間約1万6000の職場を保障している。
国際会議協会 (ICCA) の最新の統計によると、13年度のウィーンは8年連続でデスティネーション第1位の座を占めている。ウィーン市観光局のノルベルト・ケットナー局長は次のように語っている。「国際会議都市ウィーンの成功には多くの要素がある。会議は、ウィーン市の機関や学術施設によって最高のサポートを受け、すでに24のライセンスを有するグリーンミーティング施設が、環境保護におけるウィーンの先進性を示している。中欧における中心地としての重要性も高まり、ウィーンにとって貴重なアセットとなっている。さらに、最高レベルの新たなホテルも次々とオープンし、ウィーン中央駅周辺の斬新な地域開発も、持続的な推進力となっている」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">