政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


学生数「派遣」2年連続1位に、「受け入れ」は5年連続1位

早大の国際化、2032年に目標1万人留学へ

4月22日に発表されたJASSO(独立行政法人日本学生支援機構)の協定等に基づく2012年度の日本人学生派遣数で、早稲田大学の派遣留学生は1612人となり、2年連続1位となった。また受入れ(外国人)留学生は3899人で、同機構が統計を開始した09年以降、5年連続1位となっている。
海外留学連続減が全国ニュースとなる中、短期・中期・長期・ダブルディグリー等の派遣留学制度を整え、外国人教員の増員や国際学生寮などの設備充実も進み、早大は確実に留学生を増やしている。
1995年より国際化をテーマに先進的に取り組み、今では学生留学や教員派遣などができる外国協定校が700(13年度)を超え、また6学部11研究科で英語による授業のみで学位が取れるまでのばしている。さらに昨年、創立150年を迎える2032年のあるべき姿に向けて中長期計画 Waseda Vision 150を策定した。この中では、受入留学生数を現在の倍以上の10000名まで、また全学生を留学させるなど、高い数値目標を設定、アジアのグローバルユニバーシティとして引き続き国際化の推進を公言している。
なお、留学奨励事業の一つとして、来る5月9・10日に春の留学フェアを開催する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">