政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


首都大学東京(原島文雄学長)は、ASEAN地域の高等教育機関等との国際連携を強化し、本学のプレゼンスを向上させることを目指し、初の海外拠点として、首都大学東京バンコク事務所を開設した。
開設の目的は、バンコク事務所を活動の拠点として、タイをはじめとするASEAN地域の高等教育機関等との協働教育、共同研究、産学連携、国際シンポジウムの共同開催や同地域の優秀な留学生獲得のための広報活動、帰国した留学生のフォローアップとしての同窓会組織立ち上げ等を推進することにより国際連携を強化し、本学の同地域におけるプレゼンスを高めることを目指す。
事務所の所在地はタイ・バンコクのチュラロンコン大学石油・石油化学研究科リサーチサービスセンターチュラパット11ビルディング6階。
4月23日には開所式が行われ、原島学長とチュラロンコン大学Pirom Kamolratanakul学長がテープカットを行い、オープニング・セレモニーを開催した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">