政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


森田松太郎氏逝く 

元朝日監査法人理事長

5日、元朝日監査法人理事長の森田松太郎氏の葬儀告別式が、東京・築地本願寺でしめやかに執り行われた。同氏は1929年北海道札幌市生まれ、51年北海道大学農学部卒業後、小樽商科大経理経営専攻科に入学、59年公認会計士開業、69年監査法人朝日会計社を設立、代表社員となる。93年朝日監査法人理事長、日本アーサーアンダーセン研究所理事長、98年日本ナレッジ・マネジメント学会理事長、2001年アメリカ・パテント大学名誉教授、02年JA全国監査機構監査委員長を歴任。
会計士の専門家として、財務データベースの国際研究や指標に表れない企業の価値やナレッジについて研究、著書「経営分析入門(ビジネス・ゼミナール)」はロングセラーとなっている。温厚で気さくな人柄で、頼りがいがあり、誰からも慕われた。本紙には2001年の新年号のインタビューに登場頂いた。ご冥福をお祈りします。享年85歳。

 

築地本願寺で告別式

築地本願寺で告別式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">