政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


自動車メーカー苦戦、不具合指摘件数が増加
ポルシェがブランド別ランキングで2年連続第1位

米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ:2014年6月18日-自動車メーカーが高度な先進技術を新車に導入することに対処し続けている一方で、新車所有者が経験する不具合指摘件数が昨年より増加していることが、 J.D. パワー2014年米国自動車初期品質調査SM(IQS)によって明らかになった。
今年で28年目を迎えたこの調査は、車両購入後90日間の新車の品質を調べるものである。初期品質は、100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として算出され、数値が小さいほど不具合指摘が少なく品質が良いことを示す。
2014年の業界平均の初期品質は116PP100で、昨年の113PP100から3%増加した。この傾向は、2月に発表された新車購入後3年が経過した時点での車の耐久品質について
調べるJ.D. パワー2014年米国自動車耐久品質調査SM(VDS)の不具合指摘件数の増加に続くものである。
新テクノロジーにてこずる消費者
この調査では、今年の不具合指摘件数の増加の要因となった2つの主な原因が明らかになった。1つ目は、従来モデル(大きな変更がないモデル)よりも、新たに発売された車両(完全な新型モデルおよびモデルチェンジ車)に対して、引き続き多くの不具合が報告されていることである。新型の車両の不具合指摘件数は平均して128PP100だったが、従来モデルに対する不具合指摘件数は113PP100に留まった。
新型車に対する不具合は、主に音声認識、Bluetooth対応、オーディオシステムで増加が見られた。
「自動車メーカーは、品質に関する不具合を発生させることなく消費者が望む新機能と新テクノロジーを提供しようと試みているが、一部の消費者から新テクノロジーはわかりにくい、使いにくい、設計されたように機能するとは限らないと指摘され、大半の自動車メーカーは苦心している。」とJ.D. パワーのグローバル・オートモーティブ部門バイス・プレジデントのデヴィッド・サージェントは述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">