政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


6日から千葉県現代産業科学館で

~MEGASTARシリーズ最新システム~

千葉県立現代産業科学館(所在地・千葉県市川市、小野祐司館長)では8月6日(水)より
世界初の12K(総画素数)ドーム映像によるプラネタリウム上映を開始する。
開館20周年を記念して、大平貴之氏(有限会社大平技研)製作の最新プラネタリウム投影システム「MEGASTAR-FUSION」を導入し、12K(総画素数)のドーム映像によるプラネタリウムを世界で初めて上映する。FUSIONは六本木ヒルズの「星空カフェ」でも人気を集めたMEGASTARシリーズの最新システムである。
従来の光学式プラネタリウムは、星空に雲や建物の映像を投影すると、その映像に星が透けて映り込む。デジタルプラネタリウムによってすべてCGで投影すれば、映像に星が映り込むことは解消されるが、光学式のような鮮明でまたたく星空を投影することはできない。
そこで、17台のプロジェクターと、光学式プラネタリウムを融合させたMEGASTAR-FUSIONシステムでは、例えば雲の隙間からのぞくきらめく星空など、これまでのプラネタリウムでは難しかった多くの表現が可能になった。
上映期間は8月6日(水)~8月31日(日)で、1日5回、2番組を交互に上映する。8月10日(日)と8月24日(日)は、大平氏による生解説番組を上映する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">