政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


光熱費がゼロになる、健康快適住宅

政府が2020年に普及を目指す「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を先取りしたのが積水ハウスのゼロエネルギー住宅「グリーンファーストゼロ」。既に新築住宅の約60%を占めている。
特徴は、①業界初、太陽電池・燃料電池・蓄電池の見守り機能を持つHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を標準搭載、②断熱性を30%向上、省エネ+創エネ+パッシブ技術で「エネルギー収支ゼロ」を目指す、③「健康で快適」かつ「自然と共生」する暮らしで住まい心地を向上―など新しいアイデアが豊富に満載されている。
シミュレーションをしてみると、東京都に建つ4人家族の住宅の1990年頃の光熱費は年間28万9000円。これをグリーンファースト プレミアムゼロの住宅にすると、年間光熱費は30万4000円の節約(CO2?97%削減)となり、1万4800円のお釣りがくる。本当にエネルギーゼロ住宅は可能な時代に入った。

積水ハウス「グリーンファースト」

積水ハウス「グリーンファースト」

グリーンファースト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">