政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


地域資源磨き、日本の魅力を世界に発信

商務情報局長 冨田健介

平成27年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。
日本経済は、長く続いたデフレ経済からの脱却に向けて着実に前進しています。景気は緩やかな回復基調にあり、「経済の好循環」が生まれ始めております。
こうした成長の実感を全国津々浦々に届けるために、経済産業省では地域の雇用の過半を支えるサービス産業の生産性向上に取り組んでまいります。さらに、「食」や「伝統工芸」、「観光」などの地域資源を磨き上げて海外に売り込み、日本の魅力を世界に発信してまいります。
一方で、今後の高齢化社会における成長産業となるヘルスケア分野においては、海外市場の獲得は重要な課題です。医療技術とサービスを一体とし、戦略的な国際展開を推進してまいります。さらに、このような前向きな企業努力を応援すべく、データを新たな経営資源とした我が国企業の経営革新を促進するための環境整備を進め、海外における企業の「稼ぐ力」を高めてまいりたく思います。
皆様のご健勝とご発展を祈念し、新年の御挨拶とさせていただきます。

 商務情報政策局長 富田健介 
経済産業新報 富田局長年頭ご挨拶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">