政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


2巡目、3巡目の好循環を実現する 

政策局長 菅原郁郎

平成27年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。

過去2年間のアベノミクス「三本の矢」の経済政策により、昨年の賃上げ率は過去15年で最高となるなど、雇用や企業収益を中心に経済の好循環が生まれ始めました。この動き始めた好循環を2巡目、3巡目と力強く回し、景気回復の実感を全国津々浦々に届けていくことが、今年の経済政策の大きな課題です。

まず、消費税引き上げ後の景気回復の足取りを確かなものとするため、年末に閣議決定された「経済対策」をスピード感をもって実行していきます。同時に、経済の好循環を揺るぎないものとし、本格的な成長軌道に乗せていくため、岩盤規制の打破、成長志向型の法人税改革、柔軟で多様な働き方への改革など、成長戦略をより一層強力に実行・実現していきます。

ようやく掴んだデフレ脱却のチャンスを確実なものとするため、これが日本経済再生のラストチャンスという強い覚悟で経済政策に取り組んでいく決意です。

本年の皆様方の御健勝と御活躍を祈念いたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">