政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


今春3月14日、ようやく「北陸新幹線」の東京-金沢間(452キロ)が開通する。富山まで約2時間10分、金沢までは約2時間30分でつながり、首都圏からは中々、行きづらい地域であったが、これで大幅に観光客が増えそうだ。古代から先進地域であった日本海側は伝統文化の宝庫。新幹線も、日本の伝統文化と未来をつなぐコンセプトから「和の未来」をテーマにデザインされた美しい車両(E7系・W7系)だ(1面参照)。このデザインは2014年のグッドデザイン賞を受賞している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">