政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


第47代ミス日本グランプリに、芳賀千里さん(はがちさと、東京都出身、22歳、日本女子体育大4年)が選ばれた。1月26日、東京・新宿京王プラザでミス日本2015(主催・ミス日本コンテスト事務局、後援・スポーツニッポン新聞社)が開かれ、ミス日本グランプリと各賞5名が選出された。
芳賀さんは、シンクロの元日本代表選手。小学校3年生から始めていたが、昨年怪我のため代表を引退、母の勧めでミス日本に挑戦、見事栄冠を射止めた。座右の銘は、つよく正しく、美しく。つらい時こそ笑顔がモットー。感受性豊かで「ずっとつらい1年でしたが、素晴らしい経験をさせて頂けた」と涙の会見となった。
各賞のうち、準ミスは秋山果穂さん(あきやまかほ、埼玉県出身、東京大学医学部3年生、21歳)、ミス日本「水の天使」は柴田美奈さん(しばたみな、神奈川県出身、白百合女子大文学部1年、19歳)、ミス日本「海の日」に大河南都子さん(おおかわなつこ、愛知県出身、早稲田大学国際教養学部3年、20歳)、ミス日本「ミス着物」には倭早希さん(やまとさき、広島県出身、横浜国大教育人間科学部2年、21歳)が選ばれた。
新設されたミス日本「みどりの女神」は佐野加奈さん(さのかな、静岡県出身、東京農大国際食糧情報学部3年、20歳)、また特別賞となる「和田静郎特別顕彰ミス日本」には新体操ナショナルチーム選抜団体チーム「フェアリージャパンPOLA」キャプテンの畠山愛理さん(はたけやまあいり、東京都出身、日本女子大卒、20歳)が輝いた。

写真左より、秋山さん、佐野さん、柴田さん、芳賀さん、大河さん、倭さん

写真左より、秋山さん、佐野さん、柴田さん、芳賀さん、大河さん、倭さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">