政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


明日に向かって不可思議な知の力を結集できるか?
「6」の融合人 高 愁陽

地球の話:第一話③
「六〇億の人口が、七〇億人に!」

第一話の②で、世界の文明の発展について考えた。

今回は、日本とは何なんだろうか?を考えてみたい。
日本は、弓形の国?それも北海道・本州・四国・九州・沖縄本島含めて小さな6847の島からなる国である。
確かに経済大国である。しかし、近くに、ロシアや中国という大国が存在し日本の小ささがめにつく。
文明は中国から伝わってきたことや、天然ガスをロシアから輸入しており、第二次世界大戦の敗戦国でもあることも、日本は大国の圧力を何となく感じているのではないだろうか?
ただ良く考えてみると、日本の人口は、1億2千700万人(2015年2月総務省推計、世界で10番目に多い人口)である。
また広さは、世界で62番目あるが、大国の一つではないだろうか?
発想を変えてみよう。地図を北極を上ではなく、太平洋を上にしてみよう。写真のように、実は中国から見ると中国を囲む日本列島のように見えなくもない。
地政学的に圧力を感じているのは、中国かも知れない。

マウスパッドの写真:「環日本海の中心富山県」

マウスパッドの写真:「環日本海の中心富山県」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">