政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


~本格化するIoT/ビッグデータ分野で求められるIT人材に焦点~

IPA(独立行政法人情報処理推進機構、藤江 一正理事長)は、「IT人材白書2015」を取りまとめ、4月24日に発行した。今年のタイトルは、「新たなステージは見えているか ~ITで“次なる世界”をデザインせよ~」。
同機構では毎年、最新のIT産業の人材動向、産学でのIT教育の現状、IT人材の個人意識など、実態調査を実施している。今回、従来の動向調査に加え、IT人材を取り巻く環境の変化や、それに伴い求められる技術が高度化・多様化するIT人材について調査を実施した。
白書では、IoTやM2M、データ活用ビジネスによる産業横断的なIT活用と求められる人材、IT企業の人材不足感、IT を活用した新事業・新ビジネスの取り組みについて、動向・実態の一部が明らかにされている。

今年の白書のポイント
(1)IoT、M2M、データ活用に求められる人材
1. オープン化・ネットワーク化が進む中で、組込み技術者に求められる技術力
2. モバイル開発関連人材に求められる複数の技術領域
3. データ活用人材に求められるスキルの現状

(2)二次請けへのしわ寄せが見えたIT人材の不足感、必要な技術力に対する意識のギャップ
1. IT企業における「量」の不足感から浮き彫りとなった実態
2. IT企業が求める技術力とIT人材個人が重視する技術力でギャップ

(3)経営者から期待されるIT部門へ、“攻めのIT”を担う人材育成が不十分
1. IT部門の役割は“守りのIT”業務が中心
2. 今後期待されている役割は“攻めのIT”と認識しながらも、人材育成は不十分

白書はAmazon.co.jpおよび全国官報販売協同組合販売所購入できるほか、URLからPDF版が提供される予定(http://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/about.html)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">