政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


ASEAN最大級のトレードショーを開催

タイ、日本の自動車部品関連の投資を支援

急成長するASEANで最大のイベント「Manufacturing Expo 2015」が、2015年6月24日から27日、タイのバンコクにあるBITECにて開催される。同展示会は、日本の中小企業がタイの部品製造業者と出会う場として、ASEAN地域における部品製造業界との関係構築の足がかりとなるイベントとなりそうだ。
駐日タイ王国大使館パカワット・タンサクン臨時代理大使は、「タイへの投資は益々増大しており、将来的に明るい見通しである。強力な裾野産業のインフラと、自動車製造の産業ASEANにおける拠点として、主に自動車と部品、機械と部品、電気・電子機器といった分野において、日本は2010年末以降最大の投資家であり、タイの貿易の著しい成長に貢献してきた」と強調した。
パネル・ディスカッションにおいて、パネリストのタイ王国工業省工業振興局裾野産業開発部の部長、パヌワット・トリヤンクンスリー博士は、「タイはこれまでに100万台以上の自動車を輸出している。現在、自動車部品関連産業とその周辺産業における『製品のチャンピオン』の地位を築くため、タイ投資委員会(BOI)が提供する自動車関連産業における投資特典を積極的に支援する政策がとられている」と語った。
パネリストとして参加した公益財団法人 東京都中小企業振興公社 総合支援部国際化支援室の須崎数正室長は「タイ向けにビジネス効率改善のための安全かつ確実な手段を提供しており、中小企業向けの助成研修事業を提供している」と述べた。
最後に、リード・トラデックス社の副社長、スティサ・ウィラナン氏は「このイベントは、製造業における完璧なバリューチェーンと銘うたれている。製造機械、自動化、金型製造、電子製造、表面塗装、検査などの最新の技術が、46カ国1,600のブランドによって展示される。このうち約7割がキーエンス、ソディック、Nachi、オムロン、パナソニック、三菱等と言った日本企業の著名なブランドである」。
この展示会には、ASEAN諸国から52,000名以上の製造業者が参加する。10名以上の団体参加者は『海外ビジネス代表団向けパッケージ』の特典対象となり、タイ政府のコンベンション&エキシビション・ビューロー(TCEB)支援による、1人あたり2泊分の宿泊費が無料となる。
また『ビジネスコネクトキャンペーン』により、団体として最低でも30のビジネスマッチングの会合を行った団体には、メンバー1人あたり100米ドルが支給される。
さらに展示会開催1カ月前までに申込むと、様々な特権があるそうだ。

詳細情報と申込方法はhttp://www.manufacturing-expo.com  まで。

急成長するASEAN で最大のイベント。タイの自動車輸出は100 万台規模に拡大し、さらに発展する見通しだ。

急成長するASEAN で最大のイベント。タイの自動車輸出は100 万台規模に拡大し、さらに発展する見通しだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">