政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


5月25日、国立研究法人情報通信研究機構(NICT、坂内正夫理事長)と内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ基本法の施行に伴い、包括的な協力協定を締結した。
サイバーセキュリティ戦略本部が設置され、NISCが省庁横断の司令塔としての機能強化されたため、NICTの持つネットワークセキュリティ技術に関する研究成果を有効利用していく目的で協定が結ばれた。
具体的には、情報通信関連のセキュリティに係る脆弱性や暗号技術の安全評価に関する情報共有、研究開発戦略の推進に関する協力、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたサイバーセキュリティ技術に関する協力を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">