政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


KWID

KWID

【チェンナイ(インド)2015年5月20日PRN=共同通信JBN】

欧州の大手自動車メーカーであるルノーは20日、インドで完全な新型モデルの国際カー「KWID」を初公開した。
ルノー・グループのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)は、「KWIDによって、ルノーは国際的成長を強化するため、すべての人々がアクセスできるモビリティー戦略を追求しいく。新たなルノー・日産アライアンスのプラットフォームが活用され、KWIDの導入によって、ルノーは販売拡大を継続するとともに、スタイリッシュで堅ろうで、運転が容易な自動車を求める顧客のニーズに応えていく」と語った。
KWIDは、ダイナミックな外観とSUVの容貌を持つ、コンパクトカー部門における新しいユニークな車である。魅力的な現代的な車であり、広くて快適なインテリアを施し、すべての家族の日常的なニーズに応える。
堅ろうでスタイリッシュな外装に加え、欧州委員会分類のAセグメントでは比類ない機能を持つモダンで快適なインテリアを装備した結果、Aセグメントの設計要件を超越している。
前後部とも短めのオーバーハング、高い最低地上高(180ミリ)があり、すぐさま十分な強度と信頼性があるとの好印象を与える。KWIDのアップライト・フロントエンド、ショートフロント、リアオーバーハングは、カーオーナーにSUVを連想させる。
インテリアには、18センチ・ディスプレー付きのマルチメディア/ナビゲーションシステムのMedia-Navを内蔵、ハンズフリー通話のために無線とBluetoothテクノロジーを搭載、より安全な運転に役立つ。
インドのコンパクトカー部門では魅力的、革新的、手頃な価格の30万ルピーかと40万ルピーの間で2015年下期に発売する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">