政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


IoTホームアライアンス設立へ

「住宅のIoTの標準化」をテーマに、先月22日、東京・高井戸のミサワホーム(本館)で「IoTホームアライアンス(仮称)」設立準備委員会が行われた。
自動車のICT技術の活用が高度化していく中、住宅の中のICT技術の活用は限定的であり、家庭内事故の減少やセーフティ、セキュリティの面でも改善すべき課題が多い。このため、一般社団法人組込みイノベーション協議会やミサワホーム、IPA・SECらが中心となってアライアンスを組み、活動をしていくこととなった。
主要テーマは、居住者視点のIoT住宅のグランドデザイン、家の中のIoTに関する技術標準の要件定義(住居と生活者のコミュニケーション、セーフティ&セキュリティ、センサー&ビッグデータ活用など)、IoT時代の住宅をインフラとしたプラットフォームの構築の3つ。
住宅をキーとすると、IoTは社会システムとの連動、標準を視野に入れた活動が必要となり、今後幅広いメンバーを募り、活動していく方針だ。

IoTで覗けるプライバシー(住宅)

IoTで覗けるプライバシー(住宅)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">