政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


渡部恒雄さん

渡部恒雄さん

「覇権国家・米国と台頭する中国の挑戦」

東京財団政策研究ディレクター(外交・安全保障担当)兼上席研究員 渡部恒雄さん         

 「経済で急成長する中国は1930年代の日本と似ている」という渡部氏。米国の覇権に挑戦していくのか?今後の外交から読み解くアジアの安全保障のゆくえを聞いた。

1963年福島県生まれ。東北大学歯学部卒業後、歯科医師となる。その後、ニューヨークのニュースクール大学で政治学修士課程修了。1995年に米CSIS(戦略国際問題研究所)入所。客員研究員、研究員、主任研究員を経て、2003年3月から上級研究員として、日本の政党政治と外交政策、アジアの安全保障、日米関係全般についての分析・研究に携わる。2005年に帰国し、三井物産戦略研究所主任研究員等を経て現職。現在、CSIS非常勤研究員、沖縄平和協力センター上席研究員を兼任。

主な著書
『武器輸出三原則はどうして見直されたのか?』共著(海竜社、2014)
『今のアメリカがわかる本 最新版』(三笠書房、2013)
『二〇二五年 米中逆転』(PHP研究所、2011)
『同時多発テロの日本への挑戦:ワシントン戦略シンクタンクからの警告』(財界21、2002)
『シビルミリタリー関係の向上で空気支配を防げ』(『安全保障のビッグバン ― 第3回読売論壇新人賞入選論文集』所収。読売新聞社、1998)

http://chizai-tank.com/interview/interview201506.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">